老化の原因は活性酸素?!

30代から頭の片隅にある「老化」。
できるだけ遅らせて、若い肌や体力を維持できるものならしてみたい。
でも、これっていったいどうやって防げばいいのでしょう?

よく、アンチエイチング系の化粧品のキャッチコピーが「さびない肌」などとうたうように、さびる=老化のイメージはありますよね。
りんごの切り口を放って置くと茶色く変色する、鉄が錆びる…この現象を「酸化」といいます。
そして、人間のカラダの細胞もも「酸化」し、これがいわゆる「老化」につながっていきます。
この「酸化」の原因こそが、よく耳にする活性酸素なのです。
老化を防ごうと考えた時、活性酸素の害を防ぐ「抗酸化」は絶対に避けては通れない課題といえます。

活性酸素の影響として、運動機能や内臓の機能の低下、物忘れ、眼の白内障、皮膚のしわなど、病気とまではいかない衰えのほか、血管が衰えて動脈硬化などにかかりやすくなるといったことに活性酸素が深く関わっていることが分かってきています。

語感からすると「活性した酸素」ですから、なんだかカラダによさそうな感じがしますが、実は正反対。
活性酸素とは簡単にいうと、血中に取り込まれた酸素がエネルギーに転換する過程で発生する非常に凶暴な酸素のことです。
しかし、活性酸素はただ単に悪役というわけではなく、体内に侵入した異物を撃退するという大切な役割も果たします。
しかし、増えすぎると正常な細胞に攻撃を加えて酸化させてしまうという働きもするため、これが体の老化を促進する原因になるわけです。

活性酸素が増えると、体内の細胞も「錆び」つき、全身がさびついていくことになります。
中でも恐いのが血管の錆びつきで、これが生活習慣病へと導いてしまうのです。

また、女性が気になるお肌への影響も大です。
活性酸素は紫外線でも発生し、表皮には紫外線から肌を守るためにメラニン色素が分泌されます。
ということは活性酸素が多いほどメラニン色素がたくさん分泌されて、しみやソバカスができやすくなるのです。
また、皮膚の細胞をつくる脂質が活性酸素によって過酸化脂質に変えられてしまうと、皮膚のバリア機能が弱くなり、うるおいが奪われてしまいます。
このように、お肌の老化と活性酸素も密接な関係があるのです。

体内の活性酸素を増やす原因はいろいろありますが、特に発生しやすいのが「ストレス・紫外線・タバコ」といわれています。
その他にも大気汚染・激しい運動・食生活の乱れ等も大いに影響してきます。

活性酸素の害を防ぐには、こうした原因を取り除くことが第一です。
肌や目を守るために紫外線対策を、また、過度のストレスを貯めないよう、適度なストレス発散を行うことが日々の予防に繋がります。

お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【ヘルス&ビューティー etc.】トップへこの記事のURL


【ヘルス&ビューティー etc.】記事一覧
使い捨てコンタクトのリピート店
春はデトックスの季節
老化の原因は活性酸素?!