服は10年間着ていられるか?

昨年あたりから、服の整理を積極的に行っていると何度か話しているのですが、本当に最近、服を処分しています。
何故そういう気分になったかというと、数年前の服がことごとく着れないものばかりになっていることに気付いたからというのが大きな理由です。

私は、基本的に流行ばかりを追うようなことはしないのですが、それでも、ほんの数年前の服を見て「これはもうないな」と思うことが多くなってきました。



個人の歴史とファッションの変遷

ここ10年ほどを振り返ると、OL・主婦・妊婦・乳児持ち・幼児持ち…と、自分の立場も体型も変わり、その時ごとに着ている服装も変わり、そして気付けば年齢も大分変わり、肌映りも変わり…と変化に富んだ数年間だったように思います。

それゆえ、その時の生活の中で「これは使える!」と買った服も、数年経って状況が変わるとまったく使えないアイテムになったのかもしれません。

例えば、カシュクールのトップス。
授乳中に着まくってましたが、しみだらけになって今では一枚もありません。

コットンの中綿ジャケット。
鼻水やよだれがついて家で普通に洗っているうちにくたびれてボロボロになり、同じく処分。

ちょっと可愛い家着達も、今では家でマッタリすることも無くなったので消えました。



10年前の自分と10年後の自分

もちろん、産後太りなどで体型が変わってしまって着れない、ということなら反省もしなくてはなりませんが、いざ、体型を戻して10年前のデニムを履こうと思っても、ラインがかなり変わってしまって野暮ったく見えてしまったり、トップスもお気に入りのものは、丈が短すぎて着られない、というものも多いです。

そして悲しいことに、10年前のものを着て、似合ってないことに気付いたり…。
この理由は一番捨てることに踏ん切りがつかなかったりします。

そして、一番思うのは、「結婚したら、仕事辞めたら、きっと今のように服を買わなくなるから…」と思ってせっせと服を買っていたのに、結局今でも服は買っているということ。



結局は好み

そして逆に、「使える!」と思って買った服は殆どがオサラバしているのに、「とにかく好き!」という服は意外と生き残っています。
結局好みは変わっていないということですね。


自分の今の環境に合わせて買う服は、結局は短いお付き合いと思って購入し、好みの服はいくつになってもまた着てしまうので長い付き合いになるだろうと思って購入する。

そういうスタンスで服を選ぶと、予算や選び方に変化がでるかもしれませんね。

10年後に役立てようと思う服ではなく、「今、好きな服」にこそ10年後のお付き合いがあるのかもしれません。


お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【30代のファッションって?】トップへ【管理人のおしゃれ奮闘記】トップへこの記事のURL


【30代のファッションって?】記事一覧
服は10年間着ていられるか?
用語解説:コクーンシルエット
30代のブーツ丈
用語解説:ブーティ
用語解説:バギーパンツ
トレンドチェックの方法
「洗練された」カジュアルって?
用語解説:レギンス
用語解説:スキニーデニム
30代のおしゃれさんインタビュー