「洗練された」カジュアルって?

30代というと、当たり前のことですが10代や20代より長い年月服を着ていることになります。
よく言えば、若い世代より長年服選びをしてきたということ。
ようするに「おしゃれ歴」は長いということになります(笑)。

たしかに、体型的にピチピチしている若さにはかなわない服装もワンサカあります。
ですが、「おしゃれ歴」が長い、30代だからこそ、10代20代と差をつける装いができるはず!

30代に求められているのはズバリ、「洗練されたカジュアル」といわれます。

「洗練」と「カジュアル」。一見相反するキーワードのようですよね?
ですが、「おしゃれ歴」が長い30代だからこそ、「普段着」や「汚い」カジュアルではなく、「洗練された」カジュアルスタイルができてしまうんでしょう。

先日、某インポートブランドで働く友人が言っていて印象に残ったことばです。
「30代になるとさ、普段からもきちんとしてコンサバなんか着ちゃうと逆に老けちゃうんだよね~。」

彼女は10代の頃からブランドに身を包み、美しい顔立ちと完璧なメークでいつも宝石のようでした。
私が汚いジーンズにスニーカーという服装の時も、彼女の足元はパンプス、髪は巻き髪といつもきちんとしていて、自分がやけに子供っぽく感じたものでした。

その彼女が、今ではデニムスタイルもスニーカースタイルも披露してくれます。
しかも単なる家着のようではなく、色使いやサイズ、小物使いやヘアスタイルも見事なバランスで、さすがだと思いました。

私服(オフの時)も「きちんと」しすぎると、プラスアルファの年齢に見えてしまうことがあります。
どんなに肌を磨いても、やはり、第一印象は全体のバランスです。

20代を「きちんと」で過ごしてきた人も、今のうちにカジュアルスタイルを磨く努力をしてしてみてはいかがでしょう。

たとえば、細身のジーンズを履き慣れている人とそうでない人とでは、ヒップラインに差が付くといわれています。
意識してカジュアルスタイルを磨くうちに、気が付いたら、「若作り」とは違う「マイナスアルファの印象」を与えられるかもしれません。


では具体的に挙げていきましょう。



『洗練されたカジュアル』には何が必要?

なんといってもバランス
30代では、スタイル重視です。
全体のバランスが「ずんぐり」にならないよう、髪形やヒールの高さ、「ふんわり」と「ぴたっと」のバランスも考えてコーディネートしましょう

小物使い
たとえ近くの公園だろうが、車に乗るときだろうが、小物に手を抜いてはいけません。
バッグや靴はもちろんのこと、靴下やベルトにまで気を使いましょう。

流行を適度に取り入れる
流行りものを取り入れすぎると「イタイ」感じになってしまいます。
かといって「それ、何年前の服?」と思われるコーディネートはもうNG。
今年買ったものでなくても、その時の流れに合った手持ちのアイテムをチョイスすれば、決して古くは見えません。
たとえば、デニムのライン。
今年はスリムか、ブーツカットかはもちろん、どの程度のフィット感かもその時々で違います。
トップスも、丈や肩幅などで若干スタイルが変化しますので、トレンドをチェックしながらコーディネートしてください。

差し色を使う
これは、カジュアルにかかわらないことですね。
差し色を上手に使える人は、おしゃれ上級者に見えます。
簡単なのは小物で差し色を使うテクニックです。
「これはちょっと私には派手かも…」と思えるものでも、一点だけポイントとして身に着けてみただけで垢抜け度が増すかもしれません。
「それ、どこの?」と聞かれたら大成功です。

どこかは「きちんと」
カジュアルは失敗しがちなのが「小汚い」や「若作り」という印象です。
その原点になるのが「安っぽい」印象。
安っぽく見えなくするために、どこかに一箇所「きちんと感」を残しましょう。
たとえば襟のあるシャツ、足元はスニーカーではなくパンプス、まとめ髪、上質のアクセサリー、上質の革小物、などです。
全身を高価なものにしなくても、一箇所だけ「締める」だけで、洗練度はアップします。

お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【30代のファッションって?】トップへこの記事のURL


【30代のファッションって?】記事一覧
服は10年間着ていられるか?
用語解説:コクーンシルエット
30代のブーツ丈
用語解説:ブーティ
用語解説:バギーパンツ
トレンドチェックの方法
「洗練された」カジュアルって?
用語解説:レギンス
用語解説:スキニーデニム
30代のおしゃれさんインタビュー