用語解説:スキニーデニム

昨年春頃からチョコチョコ見かける「スキニー」という言葉。

ここで解説スキニーデニム
脚にぴったりとフィットした、超タイトなジーンズ。スキニーは「骨と皮ばかりの」という意味。これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていたが、スキニーはさらにそれより細いということを強調している。
(Yahoo!辞書より)

なんでもケイト・モスをはじめトップモデルたちが履いていたのから火がついたらしいです。
ようするにピタピタのデニムなんですが、実は私も持ってるんですよ。
今年買ったわけではないんですが、もともと細いパンツが大好きで何本か持っているんです。
…なんというんでしょうね、男性がボクサーパンツを履くと落ち着くような、ビタッとした感じがしっくりきて好きなんですよね。
デニム売り場で特に腿・お尻・膝あたりが自分のジャストサイズに会うと嬉しくてつい買ってしまい、丈詰めをした後試着するとキツかったり(汗)。

そしてもともとノンウォッシュのインディゴ色が大好きなので集めている色でもあります。
そんなこんなで自分の持っているデニムの中で、今で言う「スキニーデニム」といえそうな、濃紺で、膝下までピタッとしたデニムがありました。
ま、紺でなくてもいいようですけど。

さてさて、このパンツは私の手持ちの中で最も細く、最も苦しい一本です。
妊婦の時はもちろん、産後、産前すらあまり出番がありませんでした。

ですが、今売られているスキニーデニムはストレッチが利いてるものが多いので、思ったより履きやすいと思います。
私も冬に一本追加しました。

トップスがコンパクトなものを着ているときや、バギーなどでは足元がダブついてしまうスニーカーを履くときなどに重宝しています。

インポートのパンツではJ BRANDのスキニーが人気のようですが、
国内のブランドでも多く取り扱っていまして今ではユニクロでも発売しています。

そこの奥様も勇気を出してピタピタパンツもといスキニーデニム、履いちゃいましょう!

powerd by 楽-yah


お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【30代のファッションって?】トップへ【ファッション用語index】トップへこの記事のURL


【30代のファッションって?】記事一覧
服は10年間着ていられるか?
用語解説:コクーンシルエット
30代のブーツ丈
用語解説:ブーティ
用語解説:バギーパンツ
トレンドチェックの方法
「洗練された」カジュアルって?
用語解説:レギンス
用語解説:スキニーデニム
30代のおしゃれさんインタビュー