我流らくがきTシャツ

手作りらくがきTシャツ
こちらのタンクトップ、無地のものを近くの雑貨屋さんで購入しました。
家着用に購入したので、値段はタカが知れてるくらいです^^;。
キリン柄は、…自分で書いちゃいましたヾ(´▽`;)。

キリン柄のTシャツが欲しくて、探しまくりましたが、無かったんです。
すみません、三十路なのにキリンて…r(^^;)。

さて、私が手作りTシャツに興味を持ったのは高校の時。
友人がTシャツにペンキでペインティングをしてくれました。

今となっては単なる小汚いTシャツですが、そのボッテリとした絵の具の立体感と素朴な感じがなんとも私のハートを掴んでしまったのです。
油絵なんかを想像していただければ、あのボッテリ感、おわかりいただけるかと思います。

こちらのタンクトップは「アクリル絵の具」を使用しました。
アクリル絵の具は始め水溶性ですが、乾くと耐水性に変身するという特徴があります。
なので油絵代わりに重ね塗りをするような絵画にも向いています(^^)。
あまり洗濯すると、厚塗りの個所はそのうちヒビが入ったり一部が欠けることもありますが、それも味と思えば可愛いものです。

やり方は、あえてお伝えするほどのことでもありませんが…^^;、
かわいいキリンの写真を見つけて、その顔を見ながら直接チューブをペンのように持ち、塗っていきました^^;。
ちょっと寂しかったので、横から後ろ見ごろにかけ、好きな歌の歌詞をツラツラと…。
途中で面倒になって止めましたが、全部でものの10分もかかりませんでした^^;。

今はカラーも抱負で写真のようなブロンズカラーやシルバーなどのほかにも、蛍光色なども多数揃っています。私は不恰好でもボテッとさせたかったので、チューブから直接塗ってしまいましたが、この絵の具なら筆を使っても乾く前に洗えば落ちます。

今ではTシャツにペイントする為の、専用のペンや絵の具も東急ハンズ等で多数売られていますので、お試しいただきやすいかと思います。

他にも好きな布を貼り付けたり、ワッペンを当てたり、ビーズやスパンコールを縫い付けたり…。

Tシャツは遊び心があっていいアイテムだと思います。
最近は素材のよい無地のTシャツが安く売られていますので、自分好みの一枚を作ってみるのも楽しいかと…。

ちなみにこのタンクトップは試作品として作りましたが、服飾関係の仕事をしている友人に「なんかそれ、かわいいけどどこの?」と聞かれ、調子にのってなんだか愛着がでてしまってしっかり着ています^^;。
絵心がなくても逆に子供が描いたみたいでかわいいですよ^^;。

ご賛同いただけるかたのみ、お試しくださいませ…。

お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【手作りでオリジナル】トップへこの記事のURL


【手作りでオリジナル】記事一覧
手持ちのパンツを切ってしまえ
手作りもできるヘアゴム
花モチーフで華やかワンピース
かごバッグのリメイク
コサージュ付きベレー帽
簡単!フエルトコサージュ
我流らくがきTシャツ
手作り遮光ロールカーテン
フエルトとあまり布のコサージュ