私の「服選び」の鉄則 インデックス

主役は自分。服じゃない
自分のサイズを熟知せよ
とにかく試着。それから検討
色選びには顔映りを重視
ちょっとの丈に妥協するな
常にチャレンジする心を
少しの露出が体形をカバー
小物選びに手を抜くな

GOLDWIN WEB STORE

主役は自分。服じゃない

自分が服に負けてしまうような個性の強いデザインや柄モノ・色は避けましょう。
人は服だけ見るのではなく、顔やスタイル、全体のバランスから印象を付けます。
あくまで自分を引き立たせてくれる色やデザインを選びましょう。

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL

自分のサイズを熟知せよ

具体的な数値を覚えていなくても大丈夫。
綺麗に見えるスカート丈・肩幅・身幅くらいは感覚的に押えておきましょう。
実際に試着ができる場合はひざより第一間接分だけ上の位置、とか、 肩より一センチぐらい内側とか…
手持ちの服で形の気に入ったものがあれば、そのサイズを覚えておくのも良いです。
これはネット通販等でも大いに役立つ知識で、無駄な買い物を防ぐ最大のポイントです。

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL

とにかく試着。それから検討

試着しちゃうと買わされそうで怖かったり、逆につい勢いで買っちゃって 後で後悔することも多いです。
でも最近の服は立体裁断のものが多いので、着て初めてデザインを 理解できるものも多く、試着をしないとその服の魅力の半分も確認できずに 終わってしまいます。
セール中であっても試着可能なショップは多いし、最近はニットやTシャツ等の 被りものでも試着させてくれる店も多いので、どんなに安くても可能な限り 試着をして、無駄な買い物をなくしましょう。

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL

色選びには顔映りを重視

どんなに服自体が綺麗でも自分の顔がキタナく見えたら意味がありません。
若いころ似合っていたはずの色が、実は肌がくすんで見える…なんてことも。
普段から自分の肌が綺麗に見える色をチェックしておきましょう。

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL

ちょっとの丈に妥協するな

手のひらが見えないくらい長い袖、すそにシワがよるほど長いズボン丈、 肩のラインより下がった肩幅…
少しの妥協が服を安っぽく見せます。
面倒がらずにお直しをしましょう。

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL

常にチャレンジする心を

自分に似合うもの・似合わないものを勝手に決めつけてはいけません。
他人のアドバイスやヒトの着こなしを参考にして、柔軟な頭でオシャレを楽しみましょう。
意外なデザインがアナタを垢抜けさせるかも!?

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL

少しの露出が体形をカバー

タートルネックに長ズボン。実は一番シルエットがはっきり出て難しいもの。
下半身に自信がないならスリット入りのスカートをはいたり、上半身に自信がないなら Vネックでデコルテをだすなど、少しの露出で目線をずらしましょう。
そのひと工夫が「スッキリ」感を演出します。

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL

小物選びに手を抜くな

洋服は気合が入っているのに、小物がいつも黒、なんてことないですか?
よくオシャレに気を使う人は、相手の靴から見るというくらい、 小物でオシャレ度が決まるほど小物選びは一番重要!
トータルコーディネートを常に心がけて!

HOME【私の「服選び」の鉄則】トップへこの記事のURL