ファッション用語index インデックス

用語解説:コクーンシルエット
用語解説:ブーティ
用語解説:バギーパンツ
用語解説:レギンス
用語解説:スキニーデニム

GOLDWIN WEB STORE

用語解説:コクーンシルエット

ここのところ雑誌でもよくコクーンタイプのスカートやらワンピースやらという言葉が目に付きますが、なんのこっちゃわからない方も多いのではないでしょうか。

ここで解説コクーンライン【cocoon line】

コクーンは「蚕などの繭(まゆ)」の意。
ちょうど繭のように体全体を丸く包み込むようなシルエットをいう。

(新ファッションビジネス基礎用語辞典より)

だぼっとしたワンピースのイメージだとつい若者専用に見えてしまいますが、ミソジ世代も活用効果大です。
ぽっかりとしたラインが可愛いコクーンワンピースとお尻にボリュームを持たせながら先はタイトなスカートも、体型を適度にカバーできて足を細く見せるシルエットです。
特にスカートはウエストを絞って足も細く見せる効果大ですのでミソジ世代も上手に活用したいものですね。


powerd by 楽や

powerd by 楽や
Supported by 楽天ウェブサービス

HOME【ファッション用語index】トップへこの記事のURL

用語解説:ブーティ

今年の秋からのトレンドで雑誌やテレビでも良く見かけます。

ここで解説ブーティ【bootee】

ブーティ(ブーティー)とは「ブーツ風の、ブーツ式の」といった意味があり、くるぶしを上下する深さの、主に婦人用のショートブーツの総称。
ボタン留めや編み上げ式などの比較的細身でドレッシーなものを差す場合が多い。

(新ファッションビジネス基礎用語辞典より)


HOME【ファッション用語index】トップへこの記事のURL

用語解説:バギーパンツ

スキニーに引き続き、今年からよく耳にするバギーという言葉。

ここで解説バギーパンツ【baggy pants】

ヒップから裾にかけて極端に太りシルエットをもつパンツ。
バッグ(袋)のように太いというところから名づけられたもので、特に1973年頃に流行したことが知られている。

(新ファッションビジネス基礎用語辞典より)

袋のように膨らんだ、極端にゆとりのあるズボンの総称。
(Yahoo!辞書より)


HOME【ファッション用語index】トップへこの記事のURL

用語解説:レギンス

さてさて、昨年から耳にする「レギンス」なるアイテムですが…

ここで解説レギンス【leggings】

本来は乳幼児用が冬に用いる足先まですっぽりと包み込む形になったニット製のパンツを言う。
(新ファッションビジネス基礎用語辞典より)

乳幼児用の、脚にぴったりした細いズボン。毛糸で編み、裾のゴム輪を足にかけてはかせるものが多い。
(Yahoo!辞書より)


HOME【ファッション用語index】トップへこの記事のURL

用語解説:スキニーデニム

昨年春頃からチョコチョコ見かける「スキニー」という言葉。

ここで解説スキニーデニム
脚にぴったりとフィットした、超タイトなジーンズ。スキニーは「骨と皮ばかりの」という意味。これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていたが、スキニーはさらにそれより細いということを強調している。
(Yahoo!辞書より)


HOME【ファッション用語index】トップへこの記事のURL