用語解説:コクーンシルエット

ここのところ雑誌でもよくコクーンタイプのスカートやらワンピースやらという言葉が目に付きますが、なんのこっちゃわからない方も多いのではないでしょうか。

ここで解説コクーンライン【cocoon line】

コクーンは「蚕などの繭(まゆ)」の意。
ちょうど繭のように体全体を丸く包み込むようなシルエットをいう。

(新ファッションビジネス基礎用語辞典より)

だぼっとしたワンピースのイメージだとつい若者専用に見えてしまいますが、ミソジ世代も活用効果大です。
ぽっかりとしたラインが可愛いコクーンワンピースとお尻にボリュームを持たせながら先はタイトなスカートも、体型を適度にカバーできて足を細く見せるシルエットです。
特にスカートはウエストを絞って足も細く見せる効果大ですのでミソジ世代も上手に活用したいものですね。


powerd by 楽や

powerd by 楽や
Supported by 楽天ウェブサービス
お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【30代のファッションって?】トップへ【ファッション用語index】トップへこの記事のURL


【ファッション用語index】記事一覧
用語解説:コクーンシルエット
用語解説:ブーティ
用語解説:バギーパンツ
用語解説:レギンス
用語解説:スキニーデニム