お買い物上手になる インデックス

ファッション センター しまむら デビューしました!
楽天とYahoo!、どっちを使う?
来年はセール?福袋?
隠れ「お買い物上手」になろう
衝動買いはしない
手持ちのアイテムを忘れない
欲しいものは常に頭に入れておく
「最後の一点」に乗らない
シーズンモノはオフシーズンに
ネット通販をフル活用
安いものでもお直しを
手入れは丁寧に

GOLDWIN WEB STORE

ファッション センター しまむら デビューしました!


HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

楽天とYahoo!、どっちを使う?


ネットで欲しいものを探すとき、いつも見るのが楽天かYahoo!という方、多いんじゃないでしょうか。
私もそうなんですが、少しだけ使い分けます。


HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

隠れ「お買い物上手」になろう

真の「お買い物上手」さんは、皆に「お買い物上手」だということを知られていません。
なぜかというと、「安く手に入れた」ことを誰も知らないから。

お買い物が上手な人は、安く買えたものを安く見せないのが上手といわれる秘訣です。
単なる「安物買いの銭失い」ではなく、丁寧に選んだものを上手に買い物をして、隠れ「お買い物上手」になりたいものです。

私がここであげるのは、本当に当たり前のことです。

ですが、こんなことの積み重ねこそ、「それ、どこで買ったの?」と聞かれるような、
上手に買い物をするテクニックとして心がけています。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

衝動買いはしない

とりあえず、一度は我慢。
本当に必要か、この商品でいいのか、本当に欲しいアイテムか、 もう一度吟味してみましょう。
これだ!と思って買ったのに、すぐ後からもっと欲しいものがでてきた …なんてことよくありませんか?

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

手持ちのアイテムを忘れない

いくら素敵なモノでも、着回せなければ意味がありません。
家に帰ってみたら似たような雰囲気のアイテムが合ったり、思っていたより 着回しのしにくい物で出番が無かった…なんてことも。
トップスやボトムはもちろん小物まで、複数のアイテムを頭に描きながら、 組み合わせのイメージを描いてから買いましょう。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

欲しいものは常に頭に入れておく

例えば、
「今年はキャメルのカシミアのロングコートが欲しい」
「茶系でヒールの低めの編み上げブーツが欲しい」等、
なるべく具体的なイメージを常に持っているとよいです。
そうすると、ちょっとした外出時の空き時間などにもポイントを絞って 探すことができるし、自然とサイズや価格との比較もできます。
早いうちからイメージを固めておけば実際に希望の条件の商品と出会った時にも 迷わずに決断できるし、無駄な買い物をしないで済みます。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

「最後の一点」に乗らない

ショップの店員さんのこの一言は、(本当に最後の時もあるけれど) 結構ハッタリが多いものです。

最後といいながら倉庫から出してくることも多いので、 無理に焦って買わないほうが得策です。

完売してしまった商品を後から「やっぱり欲しい!」と思った時は、 一週間おきぐらいにお店をチェックするのも一つの手。

仕入れは大体週に1~2回。
人気の商品は店舗も多く仕入れたいはず。
現状の商品が完売しても、他店から移動したり、素材違いで再販することも 多いのですぐに諦めなくても手に入る可能性がありますよ。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

シーズンモノはオフシーズンに

革製品やサンダル・ブーツ・水着などは少しずれた時期に買うとお得です。
特にオークションは投売り状態のものもあるので要チェック!
欲しいものをシーズン中から検討しておき、目星をつけておくと掘り出し物に 出会ったときに決断が早くできるものです。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

ネット通販をフル活用

欲しいものが決まっているときは特に、ネットを使うとお買い得。
自宅に居ながら、他店と比較ができるのが最大の利点です。
でもサイズはしっかり調べて慎重に。
自分に合うサイズがきちんと見つけられれば、 失敗の半分以上は防げます。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

安いものでもお直しを

安いものこそラインが綺麗にでないと本当に安くみえてしまうもの。
また、三十路世代には服のラインがスタイルを魅せる生命線になる時があります。
妥協はせず、余った予算でお直しをしましょう。
簡単なお直しなら自分で少し手を加えてもかまいません。
最近の大手百貨店やビルテナントなどではお直し代を割り引いてくれたり、
店舗で負担してくれるところも多いので、気になる個所は気楽に相談してみましょう。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL

手入れは丁寧に

同じものでも洗濯の仕方・保管の仕方で次のシーズンまで着れるかが大きく違います。
素材に合った手入れをしましょう。

素材の良い服はワンランク上のクリーニングを、靴は定期的にかかとを修理。
カバンは購入した時の布袋にいれ、詰め物をして形を崩さずに保管。
最近はブーツのクリーニングもできるお店もあります。
次のシーズンも状態よく迎えられるし、たとえ不要になってオークション等で 売るとしても、丁寧に扱っていたものとそうでないものとでは、 値段が大きく変わってしまいます。

HOME【お買い物上手になる】トップへこの記事のURL