つけ爪は主婦の味方!


これらは私の付け爪コレクションの一部です。

つけ爪って最近では利用する方増えてきたと思いますが、意外と主婦の方では使う方少ないように思われます。

でも、これ、万能ですよ♪

私は結婚する前から、仕事上、常にキーボードを触っていましたし、手先を使うことが多かったので爪を伸ばすことをできませんでした。

それとは別にマメに手入れをすることも性格上、できませんでした^^;。
今では家事や育児の邪魔になるので、やっぱり爪は伸ばしていません。

そこで活躍してくれたのが、このつけ爪達!
私は、「ベリーショート」という短めの爪を使い、空いている時にイメージの違ういくつかの爪を作りおきしておきました。

そして、仕事後の食事会やお呼ばれの時などには、このつけ爪と両面テープ(爪用)をカバンに忍ばせて、トイレでスタンバイ。
華やかな指先にへーんしん!です。

接着剤でくっつけてしまうとはがれる心配はありませんが、はがす時が大変(-_-;)。
なので、私は両面テープを愛用していました。
両面テープだと、はがすのも簡単ですし、はがした後にビニールのシート等にくっつけておけば繰り返し使えます。
除光液で爪が痛むなんてこともなくなります。

なにより、つけ爪は塗りやすい!
マニキュアって利き手じゃない方はボテボテになったり、乾くまでジッとしてられなくてハゲちゃったりでキーッ!っとなる時ありませんか?

でもつけ爪はすべての指を利き手で塗れるし、乾くまで放置できます。
空いている時間で、重ね塗りも時間を置いてゆっくりできるので、綺麗に仕上がります。
それに爪に直接塗るわけではないので、爪に悪そうな安いマニュキアでも活躍できちゃう♪

今では100円ショップでもラメやラインストーン等のかわいいパーツも揃っていますし、コスメショップでは、素敵にアートされたつけ爪も多数揃っていますので、不器用さんでもお手軽に利用できるかと思います。

つけ爪のマイナスは点は、トイレでちょっと困ることでしょうか^^;。
ストッキング等を履いているときは破けないよう、要注意ですね。
また、両面テープで貼っていると、水に弱いので、ジャバジャバ手を洗えません(ーー;)。
私は手の平のみソォ~っと濡らしてから洗うテクニックを身につけました^^;。
あとはウェットティッシュを常に持ち歩き、なるべく拭くようにしています。

お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【誰にでもできるおしゃれの工夫】トップへこの記事のURL


【誰にでもできるおしゃれの工夫】記事一覧
寒い春には革&冬ストール
手持ちのパンツを切ってしまえ
すそフリルでレイヤードを楽しむ
魔法のアイテム、ワッペン
レトロなスカーフ活用します
古着屋さんは宝の山
プレゼントはフル活用しよう
一つで二度美味しいキーホルダー
つけ爪は主婦の味方!
一つで二役のループタイ
コサージュをフル活用
アクセサリーはパーツとして考える