賢いセール必勝法 インデックス

セールは楽しく!賢く!
店頭に並ぶのはこんな商品
日程チェックは重要!
百貨店?ビルテナント?
手持ちのアイテムを再確認
当日の服装は?
たたみものよりハンガーもの
流行りものはNG
試着は必ずしよう!
お直しも積極的に!
ファミリーセール活用法

GOLDWIN WEB STORE

セールは楽しく!賢く!

年に二回は気になるセールの季節。
でも、「安い=お買い得」ではありません。
お店側からすると「こんなに安くて売るのがもったいない」モノと「こんなもので買ってもらうのが申し訳ない」モノが混ざっているのがセール会場。
賢く活用して、セールの勝ち組みになりましょう♪

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

店頭に並ぶのはこんな商品

実際にセール当日、店頭に並ぶのはこのような商品です。
①今期モノの値引き商品
②セール用に生産された商品
③数年前からの売れ残り商品


できれば①を手に入れたいですよね。
②はやはりプロパー(定価)用に作られたものとは素材や生産過程も違います。
②や③の見極めかたは普段そのショップに足を運んでいない場合は難しいかと思われます。
ただし、直前まで店頭に並んでいないものはすべて②か③かというと、商品の入れ替えなどで少しの期間店頭から引いていた商品なども再度出てきますので、一概にそうとは言えないのです。
ただ、最近タグのデザインを変更した場合などは見極められますね。
また、同じメーカーでも別ブランドのものなどを置いている場合もありますので注意が必要です。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

日程チェックは重要!

日程のチェックは何より重要です。
同じブランドでも入っている会場によって日程や割引率などが違う場合もあります。
一回だけ行くのなら、より遅い日時の会場が良いでしょう。
在庫を残したくないので叩き売りの可能性もあります。
大きなテナントの方が在庫は多いはずですが、もともと割り振られているので割合的にはあまり変わらず、逆に小さなテナントの方が売れ筋商品が残っているかもしれません。
また、百貨店などでは「第○段」というようにブランドごとに日程をずらしてセールを開催するところも少なくありません。
その場合、初回にセールを始めたブランドは、第二段、第三段とさらに割引率を上げていく場合もありますのでチェックしてみましょう。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

百貨店?ビルテナント?

同じブランドでも大手百貨店に入っている場合と、ファッションビルなどに入っている場合とではセールの状況も違います。
百貨店などの、レジの規格が全て決まっているような会場では、同じ商品の割引率を一時的に下げるタイムセール等は行えませんが、それぞれショップが独立しているファッションビルのテナントなどの場合は、状況によっては一時的に70~90%OFFのタイムセール等も行われます。
これは商品の管理方法の違いによる場合が多いです。
また、隣接するブランドの売れ行き状況によっても変わっていきますので事前に雰囲気をつかめるとよいでしょう。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

手持ちのアイテムを再確認

殺気立ったセール会場では、ゆっくり検討する時間もないのでついつい好みの偏ったものばかり選びがちです。
いくら安くて可愛くても、同じような服ばかりあっても仕方ありません。
事前にもう一度自分の持っているアイテムを確認し、あまり持っていない色柄やデザインのものをピックアップしておきましょう。
セール会場は戦場です。悩んでいる間に次々とお目当ての商品はなくなっていきます。
当日悩まずに済むようにあらかじめ頭を整理しておきましょう。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

当日の服装は?

当日の服装は、着替えやすいものがよいでしょう。
トップスはジャケットやカーディガン等、羽織ものの方が脱ぎ着が楽です。
逆にTシャツやタートルネックなどはメイクや髪型が崩れやすいので注意しましょう。
靴は歩きやすいものに越したことは無いんですが、パンツの試着の際に丈を合わせられるよう、いつも履いているヒール丈のものの方が失敗が少ないです。
歩きやすいスニーカーやぺたんこ靴を履いていく場合は、いつも履いているパンツを履いていけば丈を合わせやすいでしょう。
脱ぎ着がしにくく、ムレやすいロングブーツはオススメしません。
靴を購入する際は、夕方に試着をすると丁度足もむくんでいるのでサイズ合わせに失敗しないでしょう。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

たたみものよりハンガーもの

セール会場では、商品がぐちゃぐちゃになります。
開店直後の整頓されている状態であればトップス等のたたみものの棚を先にチェックしたほうがいいですが、すでにぐちゃぐちゃな場合は先に見やすいコートやボトムス等のハンガー掛けのものから見ていきましょう。

見やすいものは他の人も商品を見つけやすく、いいものからなくなります。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

流行りものはNG

せっかく安く手に入るのだから、今年ブレイクしたあのデザインを…というのは間違いです。
セールが始まる時期というのは、すでにそのシーズンが半分以上過ぎてしまっている時期です。
あとわずかな時間しか着られない流行のデザインより、次のシーズンも活躍しそうなものを選びましょう。
また、セールは半年に一度なので、前シーズンの終わりに出ていたものも再度店頭に並びます。
夏なら秋冬物、冬なら春夏も着れるものを見つけるのが賢い活用法といえます。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

試着は必ずしよう!

人でごった返したセール会場では、試着も一苦労。ついつい面倒になってしまいます。
ですが、どんなに安くても、サイズが合わなければ買った意味がありません。
無理してでも必ず試着をしましょう。
最近では、かぶりもののトップスや下着まで試着OKなお店もありますので店員さんに尋ねてみましょう。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

お直しも積極的に!

セールで買った商品をわざわざ直して着るなんて…と思われる方もいるかもしれません。
でも、セールで安く手に入れられる分、お直し代を払う価値はあると思います。
最近は、セール中でもお直しを受けてくれるお店も多く、大手の百貨店などではお直し代の半額を受け持ってくれるところもあります。
パンツの裾、袖丈はもちろん、ジャストなサイズに直してお気に入りのアイテムにしてしまいましょう。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL

ファミリーセール活用法

シーズンオフに行う一斉セールと違い、各企業が顧客向けに行うのがファミリーセール。
そのショップの利用者のみの特典ともいえます。
ここでの目玉は、なんといってもサンプル品。
店頭価格の70%OFFは当たり前で手に入れられます。
ただ、このサンプル、いわば店頭商品を作る前の「試作品」です。
実際に店頭に並べられた商品と比べると色、サイズの違いがあったり、タグ無しやなにか書き込まれている、そして糸の始末も適当等、様々な難点があるのも事実です。
ただ安いということだけでなく、サンプル品でもいいくらいのスタンスで購入するのかどうか、今一度検討してから購入しましょう。

HOME【賢いセール必勝法】トップへこの記事のURL