私のカラダを理解しよう インデックス

生理周期って何?
基礎体温をつけよう
女性ホルモンの働き
女性ホルモンと美容対策
PMS(月経前症候群)を知っていますか?
PMSの対策

GOLDWIN WEB STORE

生理周期って何?

生理周期とは生理が始まってから次の生理が始まるまでの期間を一つの期間として考える流れのことで、個人差はありますが、大体1周期一ヶ月前後です。
私達が定期的に生理になるのは、2つのホルモンが増えたり減ったりが正しく繰り返されているからです。

標準では、女性の生理周期は排卵日を境に大きくわけて低温期高温期にわかれています。

  

生理後排卵日までの低温期に主に分泌されるのが卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、排卵のための準備を整えます。

排卵後、今度は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになり、妊娠に向けて受精卵が着床しやすいよう準備をするのです。

そして妊娠が成立しないと、この2種類のホルモンの分泌量は減り、不要になった子宮内膜は血液とともに排出され、次の月経がくるのです。

HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL

基礎体温をつけよう

自分の生理周期をただしく理解する為に目安となるのが「基礎体温」。

この基礎体温、妊娠や避妊のためだけではなく、自分自信の体のことを理解するためにとても役立つのです。
とくに30代になるとホルモンバランスによって美容や健康に大きく左右されます。
基礎体温をつけることは、自己管理の基本となってくるのです。

基礎体温とは、眠っている時の、内蔵の動きが最も静かな状態の時の体温のこと。
でも、眠っている時の体温は測れませんので、普通、朝、目が覚めてまだ体を動かす前の一番安静な状態で測ります。
この基礎体温を毎日きちんと測り、グラフに記入していきますと、上記のようなグラフが出来上がるのです。
ただし、上図のようにきれいに低温と高温がわかれているケースはまれなようですのでご安心を♪
私は90秒で早く測れる電子体温計で測っていましたが、あまりにもバラバラなので医師に相談したところ、予測検温ではなく実測検温(5分くらいの長めで測る)を測るか、アナログの体温計でちゃんと測るかするように勧められました。
試してみたところ、割とわかりやすいグラフを描くようになりました。

お仕事で忙しい時などは毎日同じ時間に測れなくても、毎日記録をつけているうちに自分のパターンがわかってくると思います。
日記の感覚でつけていけばいいのです。
体温だけではなく、体調や出来事なども書き込むとよいでしょう。
生理の日、寝不足の日、ひどく疲れた日、お酒を飲んだ日、セックスをした日、等々…。
お酒を飲んだり、寝不足で体が疲れているときなどは体温が高くなりがちだそうです。

3ヶ月もすると自分の体のサイクルがわかるようになっていきます。

例えば…


①約2週間ほど低温期が続いた後、
  高温期が2週間程続き、生理が来る。

      ↓↓
      ↓↓
    正常パターン





②高温期が3週間以上続く

      ↓↓
      ↓↓
    妊娠の可能性?!







 ③低温期しかない

      ↓↓
      ↓↓
   無排卵月経の疑い?!






 ④高温期が9日未満と短い

      ↓↓
      ↓↓
 黄体ホルモン機能不全の疑い?!





というようなパターンもあります。
ただし、上記はすべて一つの例に過ぎないため、あまりにもパターンががバラバラだったり、なにか不安な点があれば婦人科に受診しましょう。

HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL

女性ホルモンの働き

生理周期のページでもお話しましたが、女性の身体はホルモンの周期があります。
あまり変化を感じられない方も多いかもしれませんが、この周期によって、女性の体の働きは大きく違うんです。
例えば、生理前はイライラしたり、便秘がちになる、とか、生理後は肌の調子が良い、とかよく聞きませんか?
実はこのホルモンの周期の働きを理解していると、お肌の対策やダイエットにも効果的らしいんです。
また、体調のすぐれない時や、気分が落ち込みやすい時なども、意外とこの周期を理解していると、自分の心や体と上手く付き合えるようになります。

女性の生理周期についてはこちらで確認していただくとして、ここでは実際に分泌されるホルモンの働きについてお話します。

前述した周期の中で分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)という二種類のホルモンは、私達に様々な影響を与えます。

まず、生理後卵胞期に分泌されるエストロゲンの働きは…

・女性らしい肌・声・体つきをつくり毛髪を成長させる。
・子宮・卵巣・膣・乳房など女性性器の発育をうながす。
・精神状態を安定させ、すっきりとした気分にさせる。
・骨量を維持する。
・コレステロールを減らす。


などが挙げられます。

一方、黄体期に分泌されるプロゲステロンの主な働きは…

・体温を上昇させる。
・増殖した子宮内膜の厚みを増し、受精卵の着床にそなえる
・子宮壁の筋肉活動を抑え、流産や早産を防ぐ。
・排卵を止める。
・皮脂の分泌やメラニン色素の働きが活発になる。
・むくみや頭痛、肩こり、便秘等の症状が出る。


などが挙げられます。

上記でわかるとおり、各ホルモンにはそれぞれ役割があります。
そしてこ、のホルモンの役割を理解して、上手に付き合っていくことが
美しさの秘訣にもつながるのです!

HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL

女性ホルモンと美容対策

では、女性ホルモンの働き生理周期の流れをを踏まえて、実際に美容や健康にに役立つ対策をしていきましょう♪


HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL

PMS(月経前症候群)を知っていますか?

生理前2週間以内に、些細なことが気になって落ち込んだり、イライラして人にあたったり、ひどく眠くなる、身体がむくむ、下腹部がはる、手足が冷える、乳房がはる、肌荒れ、便秘、むくみ、肩こり、食欲が増す、集中力が低下する、と言った症状を経験している人は多いはすです。

これは『月経前症候群(Pre Menstrual Syndrome)』、通称PMSといわれる症状です。

私も以前、原因不明のこの不快な症状に悩まされていた一人です。
あまり知られていない、このPMSという女性特有の症状について触れ、何かの役にたてばと思います。

PMSとは、月経の10-3日前から始まり、月経直前がピーク、月経が始まった途端に症状が消えるのが特徴です。

PMSが症状が出るのは月経周期の中でも排卵後の黄体期

生理から排卵までは女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌される時期で、いわゆる女らしさのホルモンが分泌され、身体も心も元気がいい時期でもあります。
一方、排卵から生理まではプロゲステロンが多量に分泌しており、心身ともに妊娠期と似た症状が出ます。

プロゲステロンが体に水分を蓄えるため、集中力がなくなったり、頭痛がしたりします。
急激にホルモンが増減すると自律神経に不調がでるためだそうです。

この女性ホルモンの変調による不調に気付かず、自分を責めてしまう方もいるようですが、これは女性ホルモンの変化による病気(症候群)であり、治療も可能です。

ただ、仕事や人間関係などで強いストレスを感じると、症状が強くでることがあるそうです。
また、後まで気にしやすいタイプの人は症状を強く感じることがあるようです。

どちらにしろ、一人で苦しまず、一度婦人科等に相談にいくのも解決法の一つだと思います。

PMSの対策へつづく

HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL

PMSの対策

PMSの症状を緩和するには、自分の体調の変動を理解し、月経周期に伴う体と心の変化を把握しておくことが大切です。
PMSと女性ホルモンの関係を理解し、生理前の時期には無理な仕事や予定を入れないなど工夫することも大切です。

また、症状をひどくするような塩分が強い食事や油っこいもの、カフェインは避けましょう。
体をあたため、リラックスできるように過ごすことも大切です。

また、規則的な運動をすることにより、脳内ホルモンのBエンドルフィンを高めます。
このBエンドルフィンというホルモンはストレスを解消してくれるので、PMSの症状自体の緩和につながります。

それでも症状が緩和されない場合は、無理せず婦人科を受診して適した薬などを処方してもらうのも一つの方法だと思います。

PMSに効果があるといわれているものについてですが、
γリノレン酸の摂取が少ない人はPMSが重いともいわれています。
欧米などではγリノレン酸ビタミンB6の補給がPMSケアの常識となっているようです。

γリノレン酸とは、必須脂肪酸の一つで、母乳に含まれるほか、月見草やボラージ草,ブラックカラントなどの数種類の植物だけに存在する珍しい物質です。
体内で蓄積されることはほとんどありませんが、様々な組織や細胞の機能を正常に維持する大切な働きをします。

HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL