女性ホルモンの働き

生理周期のページでもお話しましたが、女性の身体はホルモンの周期があります。
あまり変化を感じられない方も多いかもしれませんが、この周期によって、女性の体の働きは大きく違うんです。
例えば、生理前はイライラしたり、便秘がちになる、とか、生理後は肌の調子が良い、とかよく聞きませんか?
実はこのホルモンの周期の働きを理解していると、お肌の対策やダイエットにも効果的らしいんです。
また、体調のすぐれない時や、気分が落ち込みやすい時なども、意外とこの周期を理解していると、自分の心や体と上手く付き合えるようになります。

女性の生理周期についてはこちらで確認していただくとして、ここでは実際に分泌されるホルモンの働きについてお話します。

前述した周期の中で分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)という二種類のホルモンは、私達に様々な影響を与えます。

まず、生理後卵胞期に分泌されるエストロゲンの働きは…

・女性らしい肌・声・体つきをつくり毛髪を成長させる。
・子宮・卵巣・膣・乳房など女性性器の発育をうながす。
・精神状態を安定させ、すっきりとした気分にさせる。
・骨量を維持する。
・コレステロールを減らす。


などが挙げられます。

一方、黄体期に分泌されるプロゲステロンの主な働きは…

・体温を上昇させる。
・増殖した子宮内膜の厚みを増し、受精卵の着床にそなえる
・子宮壁の筋肉活動を抑え、流産や早産を防ぐ。
・排卵を止める。
・皮脂の分泌やメラニン色素の働きが活発になる。
・むくみや頭痛、肩こり、便秘等の症状が出る。


などが挙げられます。

上記でわかるとおり、各ホルモンにはそれぞれ役割があります。
そしてこ、のホルモンの役割を理解して、上手に付き合っていくことが
美しさの秘訣にもつながるのです!

お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL


【私のカラダを理解しよう】記事一覧
生理周期って何?
基礎体温をつけよう
女性ホルモンの働き
女性ホルモンと美容対策
PMS(月経前症候群)を知っていますか?
PMSの対策