PMS(月経前症候群)を知っていますか?

生理前2週間以内に、些細なことが気になって落ち込んだり、イライラして人にあたったり、ひどく眠くなる、身体がむくむ、下腹部がはる、手足が冷える、乳房がはる、肌荒れ、便秘、むくみ、肩こり、食欲が増す、集中力が低下する、と言った症状を経験している人は多いはすです。

これは『月経前症候群(Pre Menstrual Syndrome)』、通称PMSといわれる症状です。

私も以前、原因不明のこの不快な症状に悩まされていた一人です。
あまり知られていない、このPMSという女性特有の症状について触れ、何かの役にたてばと思います。

PMSとは、月経の10-3日前から始まり、月経直前がピーク、月経が始まった途端に症状が消えるのが特徴です。

PMSが症状が出るのは月経周期の中でも排卵後の黄体期

生理から排卵までは女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌される時期で、いわゆる女らしさのホルモンが分泌され、身体も心も元気がいい時期でもあります。
一方、排卵から生理まではプロゲステロンが多量に分泌しており、心身ともに妊娠期と似た症状が出ます。

プロゲステロンが体に水分を蓄えるため、集中力がなくなったり、頭痛がしたりします。
急激にホルモンが増減すると自律神経に不調がでるためだそうです。

この女性ホルモンの変調による不調に気付かず、自分を責めてしまう方もいるようですが、これは女性ホルモンの変化による病気(症候群)であり、治療も可能です。

ただ、仕事や人間関係などで強いストレスを感じると、症状が強くでることがあるそうです。
また、後まで気にしやすいタイプの人は症状を強く感じることがあるようです。

どちらにしろ、一人で苦しまず、一度婦人科等に相談にいくのも解決法の一つだと思います。

PMSの対策へつづく

お役に立ちましたらクリックにご協力ください⇒

HOME【私のカラダを理解しよう】トップへこの記事のURL


【私のカラダを理解しよう】記事一覧
生理周期って何?
基礎体温をつけよう
女性ホルモンの働き
女性ホルモンと美容対策
PMS(月経前症候群)を知っていますか?
PMSの対策