輝やかしい自分の人生の主人公になることを目指す全ての女性のための応援サイトです。子育て、親子関係、自分磨き、恋愛テクニック、人間心理、コミュニケーションスキル、潜在意識、モテスキルなどを提供しています。

道路事故の危険すぎるリアル

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
役者、外国、音楽、美容、結婚、子育て、起業・・・ 変でしょ!? というくらいいろんなことに手を出してきた あきゃいんが、【黒い思いをバラ色に】【今いるところから移動できる】ことを、ここへ来てくれたみんなと考えたくて始めました。 くだらないことが本当は、   本当に大事なのかもしれない!  
詳しいプロフィールはこちら
白昼堂々のひき逃げ?
おとといウチの真ん前の交差点であった実話です。
キキーッドーンガシャーン!
うわーっつ!!
午後2時ごろ、まったり遅いお昼ご飯を作っていた私は
耳をつんざくような衝撃音と叫び声に飛び上がり、
パパと顔を見合わせた後、急いでベランダに駆け寄った。
真下の交差点の横断歩道の手前に、可愛らしい1歳くらいの
男の子が仰向けで倒れ、身動きもしない。
小さい手のひらが見える。どうしたの!?
お母さんらしき女の人は 普段できないくらいに体が折れ曲がったまま
3mくらい向こうで倒れている。
交差点の車道の方で自転車がグシャグシャになっている。
当事者の車がいない。ひき逃げだ。
もうすでに何人かのおじさんや男の人が
大きな声で119に電話したり、警察に電話したりしている。
私は気が動転して普通に考えがまとまらない。
あの男の子に今何をしてあげればいいんだろう!
震えが止まらないまま、
医療関係で働いている知り合いを必死で思い出そうとするが、
こんな時に限って全然思い浮かばない。
長く息の詰まる時間が過ぎる。
実際には数分だったかもしれない。
「赤ちゃんの目が開いたぞ!!」
とおじさんの嬉しそうな声と同時に、
男の子の元気な泣き声が聞こえ始めた。
逆立っていた体毛が、緊張していた毛穴が
急激にゆるまり、開いていく。
あーーーーよかったーーーー
ただ、お母さんの意識はまだ戻らないようだ。
どうか生きていますように・・・!
ほどなくして救急車が二台到着。
パトカーもどんどん到着し、あたりが騒がしくなる。
お母さん、赤ちゃんは別々の救急車で
緊急措置を取ってから、病院へ運ばれて行きました。
まさにウチのベランダの真下で起こった
背筋の凍る事故でしたが
赤ちゃんを守ったのは
100パーセント、赤ちゃんがかぶっていたヘルメットでした
自転車からかなりの距離に倒れていたので
きっと何mも飛ばされて
道路に叩きつけられたのも
相当な衝撃だったに違いありません
ヘルメットのおかげで
硬いアスファルトに頭蓋骨を強打すると言う
最悪な事態にならなかったのでしょう
幼稚園から小学校低学年までは娘もつけていたヘルメット
運動神経も悪くないし
もう要らないかなーと買わずにいたけれど

この事故を目撃した直後に

アマゾンで娘のヘルメットをぽち。
娘が選んだので しぶしぶながらも
被っていっています
というか必須です!
後日当事者の車は出頭したのか見つけ出されたのか、
おまわりさんの聞き込みはありませんでした
奇跡のかすり傷
これも知り合いが遭遇した実話です
知人のNさんが小さな橋を渡ってお家に帰ろうとしていたときのこと。
小学校2年生くらいの男の子2人がスケートボードに乗って
Nさんを追い抜かして行き、ボードは下りの坂道に差し掛かると
どんどんスピードが上がっていった。
スケボーで息子さんを亡くしている友人を持っているNさんは、
すかさず「降りなきゃ危ないよ!!」と後ろから叫びましたが、
その直後、T字路で曲がってきた車と接触!!
大きなボックスワゴンが
すごい音を立てて急ブレーキを踏み、男の子が下に吸い込まれていった。
Nさんは あ〜神様・・・と背筋が寒くなりながら
すぐに119へ電話したそうです
視線は事故の様子に貼り付いたままで
消防署への状況説明を終えたNさんは二度驚きました
見たくないものを見てしまうと覚悟していたボックスワゴンの下から
痛そうにはしているものの
男の子がひょこっと出てきたのです
Nさんはフーッと胸を撫でおろしました
急いでボックスワゴンの運転席から降りてきた40代の女性は
半分泣いていました
男の子の体を確認しながら、あーよかったーと
何度も言っていたそうです
男の子たちが言うには、2人ともスケボーがまだ得意では無かったから
下りの坂道でボードに座ったんだ、と。
そこで、赤信号で止まれなくて
ボックスワゴンに接触したけれど、たまたま車高が高かったのと
座っていてうまくタイヤの間に潜り込んだので、奇跡的に
かすり傷で済んだのだと・・・
本当に、運が良すぎる!!
まとめ
ウチの前の事故の一部始終を見ていた旦那さんも、
T字路で事故を目撃したNさんも、
いやー・・・運転するの怖くなってきたわ・・・
が、第一声でした
自転車の親子を轢き逃げするのは言語道断ですが、
スノボに座って下り坂を突進してくる小学生を
目視して当たらないように止まれるかどうか・・・
◉自転車はぜっっっっっっったいにヘルメットを着けましょう!!!!
◉ボード・ローラースケートは道ではやらない!!
 死亡事故が実際に起きています
◉道路では、急に曲がってくる・突っ込んでくる・一時停止しない
人もたくさん、実際に多いことを意識しましょう
向こうが悪くても自分が死んだら嫌だし、相手が死んでしまっても
嫌ですよね><
皆さんの実際に起きた怖い事故などがあれば
ぜひ教えてください
みんなで共有して 気をつけられたら
事故も減っていくと思います
私の父も、私が3歳の時に交通事故で亡くなっていますし
本当にみんなで気をつけたいですよね
この記事を書いている人 - WRITER -
役者、外国、音楽、美容、結婚、子育て、起業・・・ 変でしょ!? というくらいいろんなことに手を出してきた あきゃいんが、【黒い思いをバラ色に】【今いるところから移動できる】ことを、ここへ来てくれたみんなと考えたくて始めました。 くだらないことが本当は、   本当に大事なのかもしれない!  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Shiny ageーシャイニーエイジー , 2018 All Rights Reserved.