輝やかしい自分の人生の主人公になることを目指す全ての女性のための応援サイトです。子育て、親子関係、自分磨き、恋愛テクニック、人間心理、コミュニケーションスキル、潜在意識、モテスキルなどを提供しています。

子宮筋腫!!遂に子宮をまるごと摘出手術をしましたー前半

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
役者、外国、音楽、美容、結婚、子育て、起業・・・ 変でしょ!? というくらいいろんなことに手を出してきた あきゃいんが、【黒い思いをバラ色に】【今いるところから移動できる】ことを、ここへ来てくれたみんなと考えたくて始めました。 くだらないことが本当は、   本当に大事なのかもしれない!  
詳しいプロフィールはこちら

こんなに痛いの、おかしいですよ

最近、スペインのヘレスで買ってきた
「ビナグレ・デ・ヘレス」にハマっているAkyainです!

はい、今回は女性なら誰でもなる可能性のあるアレについて話します。

そう、アレです…

さて、好奇心旺盛すぎるAkyainは、ダンナに子供を押し付け(笑)
時々東京や千葉に繰り出します。

職業柄(リンパセラピスト)、他の民間療法も興味津々なので
講習を受けたり
自らも施術を受けたりしています。(*´∀`)♪
その中でも特に印象に残っているのが…
【チネイザン】
という腸セラピーの講習
でした♡

東京の青山で2日間受けました。

2日目、先輩の受講生にチネイザンがどんなものかを
教えてもらっていた時のこと

おへそ周り、小腸周り、大腸周りと
内臓に沿って押している時、痛かったら
教えてくださいねと言われていたので
おへそ下が痛いです、とずーっと言っていたら
だんだん首をかしげて、
おへそを通して深部にエネルギーを通すのは
今はやめましょうかと言われ、

真面目な顔で
一度病院に行って見ては、と言われました (◎_◎;)

ムーンウィークは引きこもり


2年前くらいから出血量が増え始めていたけれど、
階段で息が上がったり
立ちくらみがするのは
更年期だからなのねーと思っていたんですよ。

そのうち出血量が半端なくなり
毎晩夜中に起きられないと大変なことに><
オムツのようなナプキンに
お昼用のを重ねて使うようになりました

昼間は一時間ごとに変えないと間に合わなくなり
腰が抜けそうに痛いしお腹も痛いしで
ムーンウィークの数日間は
ほどんど外に出ずにナメクジのようにのたくっていました(~_~;)

普通の人の半分の血の濃さ


夏になって、ようやく重い腰をあげて婦人科に行きました
電車とバスを乗り継いで50分の総合病院。
血液検査や内診をしたところ、やはり・・・

子宮の中に直径6cmの筋腫が発見されました!!

6cmというとナカナカな大きさなんだそうで、
そのために表面積が大きくなって、出血量も多くなっているそうです

ただすごく痛かったり起きてられないほどの出血でなければ
薬や点滴の治療もありますと言われ、それから
月一回の定期検診が始まりました

その間、鉄剤をもらって朝晩飲むのがノルマだったのですが
もらった錠剤(フェロミア錠50mg)は気持ち悪くなって全く受け付けず、
次の検診の時に鉄剤シロップ(インクレミンシロップ5%)
に変えてもらって飲み続けました。

※私個人のケースですので、一般には反対の場合もあります

4回めの検診で、いつも担当してくれている
勉強のできそうな大人しめなお医者さんに、
「あのー、血がね、人の半分しかない状態なんですよ。

普段よく歩けたり家事したりできますよね。
このままだと毎日近くの病院で点滴ですよ。手術はお考えじゃないんですか?」
と言われました。

手術には3つの選択肢があって、

子宮筋腫だけを取る手術

この方法だと子宮はなくならず、月の物も変わらず閉経まで続く。
また筋腫が再度できる可能性がある。

子宮全体を取る手術【膣を残すバージョン】

子宮は無くなり自分での出産は不可能になる。
膣を残すので、周りの筋肉が衰えにくい。
子宮頚がんの可能性は0にならない。

子宮全体を取る手術【膣も取るバージョン】

子宮は無くなり自分での出産は不可能になる。
膣も取るので、筋肉が衰えやすく、将来脱腸などの
リスクがあるが、子宮頚がんのリスクは無くなる。

3タイプともメリット・デメリットがあることなので

この後ウチに帰って、数日じっくり考えました。

子宮筋腫ひとり会議&家族会議

とはいえ、二年ほど毎月ムーンウィークの
辛い時期を味わってきたので、自分の考えは
もうだいぶ決まっていました

☆一人っ子だからもう1人、と思って2人目不妊治療も数年間頑張ったけれど、
子宮外妊娠で卵管を取ったのでより妊娠しづらくなってしまった。

☆40代半ばになって、今赤ちゃんをもう一度
育てる根性がもうない。

☆何より夫と娘と自分のファミリー構成が
最強だと思う。

☆主人も娘も、私の希望を全面的に賛成してくれた。

以上の理由で、子宮全体を取り、膣は残してもらうことにしました

(おばあちゃんになった時の脱腸リスクを避けたい)。

お医者さんに聞いたすごく素朴な疑問

先生、子宮を取ったら女らしくなくなるの?

卵巣があるので排卵は毎月あるんです。
なので、排卵がなくなるまで女性ホルモンは急になくなったりしないので
大丈夫ですよ

そうなんですね、良かった!でも、その
排出された卵はどこへ行っちゃうの?

細胞に取り込まれて、栄養になるんですよ

えーーーーッ

ということで、私の素朴な疑問が解決し、いよいよ12月に
手術することに決定しました!!

手術当日&入院生活のお話は次に続きまーす⇨⇨⇨

この記事を書いている人 - WRITER -
役者、外国、音楽、美容、結婚、子育て、起業・・・ 変でしょ!? というくらいいろんなことに手を出してきた あきゃいんが、【黒い思いをバラ色に】【今いるところから移動できる】ことを、ここへ来てくれたみんなと考えたくて始めました。 くだらないことが本当は、   本当に大事なのかもしれない!  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Shiny ageーシャイニーエイジー , 2018 All Rights Reserved.